« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の記事

2014年10月19日 (日)

何故今頃店舗展開??

今までじゃじゃおいけんを店舗展開してこなかったのに、どうして今年になって一気に店舗展開してるの??って毎日のように聞かれます(笑)。
なのでお答え致します。

私の経営理論の中に、日常から流行は生まれるけど、流行からの日常は生まれずらいという考えがあります。

この12年間、幾度となく店舗展開のチャンスは訪れていました。

最近では、JR東日本のCMで毎日のように吉永小百合さんが白龍本店でじゃじゃ麺を食べている映像が流れてました。
NHKの朝の連ドラ「どんど晴れ」で毎日のようにじゃじゃ麺が全国に流れていました。
同じく朝の連ドラであまちゃんのまめぶ汁の知名度に乗っかって盛岡3大麺も更に注目を浴びてました。
もっと遡ると、混ぜ麺ブーム、汁なし麺ブーム、ご当地グルメブーム、B級グルメブーム、うどんブーム、、、沢山チャンスは訪れていました。
国内外の投資家達からもお話を頂いておりました。

しかしながら、そのブームに乗っかった後の事を考えると、どうしても店舗展開へ踏み切ることができませんでした。例えるならバブル崩壊後の不景気とでも言いましょうか。

それは、流行からの日常は生まれずらいという私の考えだからです。

私と親しい方ならわかると思いますが、以前にたい焼き、メロンパン、鉄板ジェラート、クレープ、ポップコーン等の商売を始めようとした事がありました。しかし、マーケティングすればするほど先が見えませんでした。それを断念したのもその理由からでした。商売は続けてなんぼだと思っおりまして、流れに乗って一気に仕掛けて一気に回収ってのはあまり好きではないのです。

そんな中、盛岡では日常であるじゃじゃ麺が流行へとシフトチェンジされました。
今では観光客が行列を作り、地元の方がなかなか食べに行けないというのが現状です。それは、日常からの流行だからそれでいいのです。

しかし、東京ではじゃじゃ麺は日常ではありません。流行すらしていません(笑)。ってか、ほとんどの方が知りません(笑)。

うちが東京世田谷の三軒茶屋で開業してからこの12年間、都内近郊には沢山のじゃじゃ麺屋さんができました。しかし、今現在全てのお店が閉店してしまいました。ほとんどのお店が前述したタイミングでの出店だったように思います。

ですので、私はこの12年間で一番じゃじゃ麺が注目されていない今だからこそ店舗展開をしているのです。このタイミングで同志との出会いもありました。
それは、流行ではなく日常にしたいからです。
そして、じゃじゃ麺を日常にし、当店で初めてじゃじゃ麺を体験した方が本場に興味を持ち、その地にお金が落ちて財政が潤い復興、後の繁栄の足がかりになればなと。それが私の本望です。

今現在でも沢山のお客様が、当店をきっかけに岩手盛岡へ行き、観光されてじゃじゃ麺やわんこそばや冷麺を食べてきてくれております。お客様から旅行プランを御相談される事も多々ありますので、その時は私のお薦めのプランやお薦めのお店を御提案させて頂いております。
本当に素晴らしい仕事をしているなと我ながらに思っております(笑)。


以上、日曜日の夜は暇なじゃじゃおいけん三軒茶屋本店から及川憲司がお送り致しました。


んじゃ、まず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »