« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の記事

2007年7月28日 (土)

上富良野ビール

先日、富良野へ行った際に、もちろん寄ってみた。

「上ふらのびいる館」に。

ジンギスカンしながら地ビールが楽しめるのだが、飲酒運転になってしまうため、お土産で我慢。

200707280226000 4つのハンガリアン・テイストが味わえる。

左からダーク、ブローン、ライト、エクストラライト。

酵母が生きているため賞味期限も早い。

っていう理由をつけて昨日4本とも飲んじゃいました(笑)

クウぁ~~~、風呂上りの1本も最高でしたよ。

んで、このビールのお供になったのがこちら!!

200707280225000 毛がにちゃんです。

はい、またまた頂き物ですが・・・・。

ごちそうさまでした!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

北の国から 2007 

先週、食材を探しに北海道へ行ってまいりました。

何の食材かって?? それは秘密です。秘伝の味なので教えられないんですよ。だからその時の報告はできませんが、その前後の北海道の旅!?をブログに書きま~す。

002_1まず僕を迎えてくれたのは、ホタテ・うに・厚岸の牡蠣・アワビ・あさり・つぶ・タラバガニ達!!!! (量はこの写真の5倍はありました)

北海道に住んでいるおじさんが水産系の会社に勤めていて、僕が北海道に行く時は、いつもこうして素晴らしい食材を用意し、おもてなしをしてくれる。

007_1  まず、一通り生で食べる。もちろんビールを片手に。うになんか超ヤバイ!口の所を割ってスプーンで食べるのだが、ミョウバンが入ってないからとても甘くて、ちょうどいい海水の塩分がさらに食欲をそそる。

空腹だったお腹が少し落ち着いてきたら、次は炭火焼き。
酔ってないのにニヤニヤですよ。
最高の青空の下、庭でこんなことしてるんですからね。昼間っから(笑)。

そして〆はもちろんジンギスカン。夕方になり肌寒くなってきたので家の中で飲み直そうと・・・そこへスペシャルゲスト登場。

009 元ボクサーで現在浜ちゃんぽんの社長。札幌で成り上がって成功を勝ち取った熱いオトコです。
宴の席でしたが、いろいろ勉強になりました。

この写真、2人とも酔っ払いです。

社長、今度はすすきの連れてってください。僕、財布持って行きませんので(笑)

そして、次の日は富良野へ。

実はわたくし、北の国からオタクなんですよ。VHSも全部持っていて、DVDも全部持っていて、実家からの着メロはさだまさしの「北の国から」だし。

とにかく北の国からが大・大・大・大好きで。
けど今までに一度も富良野には行った事が無く、知識ばっかり先行していましたので、今回は思い切って富良野まで行ってきました。

026北の国から資料館で念願の「北の国からパスポート」もGETできたし、五郎達が住んだ最初の家、丸太小屋の家(純の火の不始末で火事になり無くなる)、3番目の家(純が風力発電を作った家)、4番目の家(愛犬アキナと暮らす)、 5番目の五郎の石の家(写真)、拾ってきた家・・・ぜ~~~んぶ行ってきました!!

014そして、中畑木材、小野田そば037_1、純と蛍が通った 中の澤分校(写真)、‘95秘密でシュウが純に過去を告白するシーンで使われた北時計、雪子おばさんが働いていたニングルテラス、富良野013駅、布部駅(写真)、くまげら、三日月食堂、布部札幌軒(写真 )、 アサミツ、草太兄ちゃんの牧場、富良野プリンスホテル、新富良野プリンスホテル、麓郷展望台・・・・・・ぜ~~~~~~~んぶ行ってきました。

特に北の国から資料館では、ドラマシリーズからスペシャル版シリーズまでぜ~~んぶ振り返ることができ、僕にとっては聖地でした。
200707200024000

あの、泥の付いた一万円札や200707200026000、おまわりさんと一緒になってゴミ捨て場から探したあのボロボロのスニーカーまでもが展示してありました。

蛍と正吉の結婚式に流れた故・草太兄ちゃんの祝辞のテープも聞くことができ、思わず涙しちゃいました。

その日は、新富良野プリンスホテルに泊まり、翌日はラベンダーを見にファーム富田、そして美瑛の丘巡りに。

こっちの方は専門分野ではないので、ガイドブック通りに動いてみた。200707200013000

紫のじゅうたん。この他にもカラフルなお花畑もありとても綺麗でした。
ラベンダービールを発見したので飲んでみようとしたら、缶ビールのパッケージだけがラベンダーでした(笑)
中身はただのサッポロビール。。。。

美瑛の丘というと、かつて一世を風靡したCMロケ地がたくさんあるということで、台本通り回ってみた。

200707200012000
←まずはじめは「ケンとメリーの木」。
日産スカイライン「ケンメリ」のCMで取り上げられた木。

近くに行くと仲良く2本の木が立っている。

040_1

→次は「セブンスターの木」。
丘の上にある1本のカシワの木。
昭和51年に観光タバコ「セブンスター」のパッケージに使用されたのだそうだ。

200707200005000
そして次は「親子の木」。
小高い丘に3本のカシワの木が仲良く寄り添って立っている。
この大草原にこの空もほんとにすばらしいロケーション。
時間があれば日没をここで観たかった。

200707200003000

こちらは「マイルドセブンの丘」。
防風林として植えられたカラマツの木々。
昭和53年にたばこのマイルドセブンのCMで使用された場所。
しゃがんで観ると何か不思議な光景でした。

043  これはマイルドセブンの丘の先にある木々。

こちらもタバコのパッケージに使用されたのだそうだ。

長々となってしまったけど、最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。夢中で書いてたらもう朝の五時半です(笑)
僕は旅行が大好き。
何かに行き詰った時、考えたい時、疲れたとき、旅行に出かけます。
そういうスタンスで生きてきました。
旅行ってほんと大事だと思います。お金が無いから行かないとか、時間が無いから行かないじゃなく、そのためにお金と時間を作るべき。
そうすることによって、それ以上の何かが自分に帰ってくる。
いろいろな物を見て・触って・食べて・感じる。
僕が思う考え方の一つとして、移動距離が新たな発想・答えを生むと思っています。
東京ー静岡間ならたったそれだけの発想・答え、東京ーニューヨーク間なら、東京ー静岡間の何倍もの発想・答えを自分に与えてくれると思っています。
けど遠くに行けばいいってもんでもなく、やはり全ての事を「意識」するって事が一番大事だと思います。

焼酎のロックがいつの間にか水割りになっちゃったので、これを飲んだら寝ます。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2007年7月19日 (木)

北海道

032
所用で札幌・富良野に来ています。
この写真は「メルヘンの木」。
ドラマ「北の国から」のタイトルバックにも使用されました。
2本の木が恋人のように寄り添っているのが印象的。
のどかな風景が広がっています。

詳細は後程アップします。
夜には東京戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

水ナス

200707160115000 大阪のお土産でいつも頂いている水ナスのお漬物。

塩分も控えめでとてもみずみずしく、美味しい。

大きなナス1本を一回の食事でアッサリいけちゃう。

この写真ではちょいと美味しさが伝わらないけど、ほんと美味しいんですよ。Mさんご馳走様でした。

漬物といえば思い出すことがある。

実家にいた頃、必ず食卓には漬物が置いてあった。必ず。

たくわん、かぶ、きゅうり、キャベツ、ナス、ラッキョウ。

しかも、サランラップを半分開けた状態で。

何故その様な状態かと言うと、母が切ってお皿に入れてサランラップをして冷蔵庫に入れておく。
そして食事の時に、冷蔵庫から出してラップを半分だけ開ける。食事が終わるとそのままラップを閉じて、冷蔵庫へ戻す。サランラップの節約というわけだ。今で言うロハス。母、ロハス、先取り(笑)
これが我が家では当たり前の光景だった。

どんなに高価なお寿司を出前しても、どんなに高価な洋食を出前しても、宅配ピザを頼んだ時でも、母は得意げな顔で漬物を冷蔵庫から取り出し、ラップを半分開けるのだった。
♪右から、右から、何かがきて~る・・・・・僕は、それを左へ受けながす~~~♪い~き~な~り~や~~てきた~~~、冷蔵庫の中からや~てき~た~~、ふいにやってきたぁ~、右から、や~ってきた~~、僕は~それを左へ受け流す~~♪

そんなラップを捨ててみたい!!漬物が入ったお皿を空にしてみたい!!
っていつからか(多分4~5歳ぐらいから)思うようになり、漬物ばっかり食べる食生活になってしまった。

ある時は、漬物だけで満腹になって母に怒られたり、ある時は、食事時間前に勝手に冷蔵庫に入っているそれをフライング気味に食べて減らしてみたり。

その頃から、僕なりに「食」というものを楽しんでいました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年7月12日 (木)

MUSICAL ザ・ヒットパレード

200707hit 行ってきました、MUSICAL ザ・ヒットパレード

10(火)の初日に。

やばいです、面白いです、豪華です。

日本に「芸能界」というものを作った渡辺プロダクション、通称「ナベプロ」の創始者・渡辺晋さん・美佐さんご夫婦の半生を描くストーリーです。

晋さん役を原田泰造さん、美佐さん役を恵子姉さんが演じています。

現在の渡辺プロの社長、渡辺ミキさんと恵子姉さんはずっと昔からの知り合いで、お母さんの美佐さん役は「絶対、戸田さんで!!!!」と随分前からお誘いを頂いていたそうです。
いよいよ実現です!!!

存在感たっぷりの原田さん、夫・晋さんを愛し続ける恵子姉さん、実力派アカペラグループRAG FAIRが歌う昭和の懐メロメドレー、瀬戸カトリーヌさん堀内敬子さん演ずるザ・ピーナッツ。
ミュージカルとコンサートが合体したまさにエンターテイメントショーです。

2時間半強の見応えたっぷりの舞台です。

初日だったせいか、芸能人、業界関係者がたっくさんいらしておりました。
さすが天下のナベプロです。

恵子姉さんがとても良い席を御用意してくれまして、僕の後ろには森光子さん、前にはネプチューンの堀さんと名倉さんがいらっしゃっておりましたね。

渡辺プロダクション社長・渡辺ミキさん、トップコート社長・渡辺万由美さん姉妹もいらっしゃっており、舞台終了後の恵子姉さんの楽屋挨拶に伺った後に、社長達にもご挨拶をして。超セレブオーラ全開でした!!

千秋楽は31(火)ですので、お時間のある方は是非足を運んでください!!
ほんとに見る価値ありでっせ!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月10日 (火)

長芋

知り合いの税理士さんから長芋を頂いた。

青森の「まほろば長芋」というらしい。

200707100236000 箱の中にはおがくずがぎっしり入っており、その中にデーーーンと大きな長芋が!!

80cmはあるだろうこの長芋、ほんとに立派!!

基本的にネバネバ糸を引く食べ物は大好きな自分。もちろん長芋も大好き。

どうやって食べようかな。

とろろごはん、お好み焼き、山かけ、ネバネバ盛り合わせ、とろろそば、磯辺焼き、豚汁にとろろを入れても美味い。

さあ、どうする??

って言っても時間的に余裕が無いから結局こうなりました。

200707100237000 牛タン定食。。。。

簡単すぎるけど。。。。

美味すぎる。。。。

ビールにもあうよーー。。。。。。。

とろろ多めで頂きました。。。。。ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

書斎

ここ最近、家での仕事をサボっていた。
帰宅して、シャワー浴びて、ビール飲みながらソファーで新聞読んでダラダラして、そのまま寝る。
こんな毎日を過ごしていました。
整理しなければいけない書類はたまるばっか。
書類の山を見ては、「はぁ~~、ヤラナケレバ」って思うが、なかなか行動に移さない自分。

何か違う。環境が悪い。勝手に言い訳を作ってみる自分。

「よし、書斎全とっ替えだ!!」

思いついたらすぐ行動に移すのが僕の長所!?

早速、休みの日を利用して家具屋へ。

いろいろあるなぁ~と思いながら店内をウロウロしていると、目的の売り場に着く前に早2時間経過。。。。
ヤバ、ウロウロしすぎちゃった。何故か家具って見てても飽きないんすよね~。

いろんな椅子に座って、座り心地の良い椅子を探し、決めた。やっぱり背もたれが高くて(僕、背が大きいのでそのほうが楽ちん)、肘置きが付いてるのがベスト。そのまま寝れるし(笑)
今回は白の革張りにしてみた。勝手にデニム禁止令を発令した。色落ちするからね。

次にこの椅子に合うデスクを探してと・・・・。

家に持って帰って組み立てるとこんな感じになりました。

200707030121000
リビングの隅に再構築された書斎。

これで、志気が高まれば良いのだが・・・。。。

ただ、買って満足だけしている自分がどこかにいそうで怖いかも。。。

それで、今まで使っていた椅子とデスクを粗大ごみに出すことにした。

役所に予約の電話をして、コンビニで買った粗大ごみシールを貼って、深夜、ガレージの前に置いといた。

1時間後ぐらいに燃えないごみを出しに行ったら、もうそこには椅子もデスクも無くなっていた・・・・。収集は明日の朝なのに。
え??っと思ったが、誰かが欲しくて持って行ったんだなと思った。
まだまだ使えた椅子とデスク、シール代は無駄になったがまた誰かが使ってくれるんだなと、その送料だと思えばいっか、、、、、って思ったのでした。

どんどはれ(めでたしめでたし)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年7月 5日 (木)

ra.kra  ラ・クラ

今日は、雑誌ra kraの取材がありました。
テーマは「東京で見つけた北東北」。
この雑誌は青森、岩手、秋田を中心に発売されている、大人のための北東北エリアマガジン。

今回の取材にあたって、ライターさんとカメラマンさんがわざわざ盛岡から来てくれたのです。ご苦労様です。

今までたくさん取材は受けているわけですが、もちろん全国誌に掲載されることはとても光栄なことなんですが、地元の専門誌の取材っていうのがとてもうれしいですね。地元代表って感じがして、大変光栄に思いました。

ライターさんもカメラマンさんも盛岡在住の方々で、話も合うし、方言も懐かしいし、何より今までの取材とは何か空気が違うような。良い意味でですよ。今度1杯やりましょう。

毎日の忙しさから開放され、ふと、盛岡タイムを満喫した取材でした。

掲載号はra kra 2007年8月号(7月25日「水曜日」発売)です。

東京では、いわて銀河プラザ、あおもり北彩館東京店、秋田ふるさと館、丸善丸の内本店、紀伊国屋書店新宿本店、ジュンク堂書店池袋本店 等でお買い求めできます。

みなさん、是非お買い求めを!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »