« 祝明薬通り開通 | トップページ | じゃがポックル »

2007年3月 1日 (木)

ジンギスカン

200703010229000

なんか無性に食べたくなったジンギスカン。
行きつけの「寅々」に行きたいのだが、仕事が終わる時間にはもう閉店している。
ということで、スーパーで生ラムを買ってきて家で一人ジンギスカン。
家でジンギスカンをすると、とにかく臭いが部屋に残ってしまう。
だからいつもキッチンの換気扇を回して、空気清浄機をマックスにして、廊下や他の部屋に臭いが行かないようにドアを閉める。
そして、一番注意しなければいけないのが半乾きの洗濯物。
臭いを吸収しちゃう厄介物だから他の部屋に隠す(笑)
これでようやくジンギスカンの準備がオッケー。
200703010230000
そして今回のジンギスカンのお供はマッコリ。
何やら怪しい男性同士のカップル(笑)から韓国のお土産で頂いた。
もちろん韓国にも彼氏同士で行ったらしい。
韓国のお土産なのにカタカナで「マッコリ」って書いてある。
その辺はあまり突っ込まないでおこう。
マッコリ美味しく頂きました。ありがとう!!

|

« 祝明薬通り開通 | トップページ | じゃがポックル »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

お酒」カテゴリの記事

コメント

おいけんさん、女子アナの静佳ちゃんがブログに書いていましたよ。

投稿: 通行人 | 2007年3月 1日 (木) 03時15分

ホントですね。
静佳ちゃんとはプライベートでも仲良くしてますよ。
白龍にも連れて行ってあげました。

投稿: おいけん | 2007年3月 3日 (土) 02時40分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジンギスカン:

» 北海道 ジンギスカン鍋 昔は家庭にありましたけど現在は家の中でジンギスカンする家庭は少ないですね [北海道、札幌からの旅情報]
ジンギスカン鍋調理には専用の鍋として、鉄の浅い帽子のような形をした鋳物製のジンギスカン鍋を用います。ジンギスカン鍋の形は時代によって変化した。この種の鍋が現れた昭和初期の時点では、ストーブのロストル(火皿)のように平行の溝が設けられていました。取っ手は無かったため、すき焼き鍋の鍋掴みに似た器具、若しくは鍋面にある専用の穴に栓抜き型の取っ手を差し込んで鍋を動かしました。戦前のジンギスカン料理店「成吉思荘」の初期の鍋は特に大型だったようです。移動させるときは氷屋の氷を運ぶ大きなや...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 1日 (日) 16時01分

« 祝明薬通り開通 | トップページ | じゃがポックル »