« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の記事

2006年11月27日 (月)

TOKYO MX TV

今日、東京MXTV(東京メトロポリタンテレビ)の取材があった。
地方から状況して頑張っているおのぼりさんがテーマだそうだ。
僕へのインタビューとクイズを交えての企画となっております。

番組名は『5時に夢中』
放送日は11月29日(水)
17:00-18:00

お時間のある方は是非。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

今朝の出来事

今朝、仕事に向かう途中、家の近くで『警視庁』と書いたカラーコーンがいくつか置いてあったが、警察らしき人も誰もいなかったのでスイスイかわして環七に出た。
その瞬間、白バイ4台に囲まれた(;´д`)。
えっ、何か違反した?と心中で思いながら左に寄って停車した。
降りようとすると『動かないで!』って。
えっ、何?って思っていたらパトカーを先頭に黒塗りの車がぞろぞろと横を通過した。
あっ、美智子さまだ!!

手を振ってた。

凄いお綺麗でした。
なぜか心が穏やかになった。
朝からついてるなぁと思いながら年末ジャンボを買っちゃいました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GALF ファミリーセール

盛岡のセレクトショップといえば『GALF』。
おしゃれ有名人もわざわざ盛岡へ買いに来るほどで、知名度は全国区。
そのガルフが今回、恵比寿でファミリーセールを行っている。
ガルフのスタッフからINVITATIONを頂いていたので、早速昨日行ってきた。
が、しかし、またもや一目惚れする洋服がなく手ぶらで帰ってきてしまった(爆)。
興味を持たれた方は是非足を運んでみてください。

FAMILY SALE by GALF
全品60-80%OFF
date:2006.11.25(土)-26(日)
time:11:00-18:00
place:basque ltd.
渋谷区恵比寿南2-8-2 キョウテンビル4F

取り扱いブランド
COMME des GARCONS,JUNYA WATANABE MAN,DOLCE & GABBANA,D & G,MARC JACOBS,RAF SIMONS,DRIS VAN NOTTEN,CP COMPANY,GDC 他多数
ファミリーセールのため売り切れあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

黒七味

黒七味

昨日、知人から京都のお土産で黒七味をいただきまし。
この黒七味、僕は知らなかったんですが、結構有名だそうで。
マイ七味として持ち歩いている方も多いとか。
味見をしてみたんですが、唐辛子はただ辛いだけではなく味に深みがあって美味しい(^q^)
製造過程でよく揉むとこのようになるのだと。
そして早速、じゃじゃ麺に入れて食べてみた。もちろんチータンにも。
ジワッと汗がふき出てくる。なんとも言えない辛味と香ばしさ。
これは癖になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

バッグ

200611110058000 先日行ってきた三原さんの展示会でつけてきたバッグが早速届いた。

本来なら1月~2月ぐらいに納品になるのだが、思ったより早めの納品。
後から聞いた話だが、このバッグは某有名モデルが愛用し、バーニーズニューヨークで即完売したらしい。
レディースでもメンズでも両方オッケーなバッグ。カラーバリエーションも豊富。サイズもいろいろ。
僕は緑の皮を買ったのだが、この緑の色が写真ではうまく伝わらないがトテモいい色。

使い勝手もいい。買い物、ジム、旅行、仕事何でもこいだ。
「3 SAN」のロゴはこのバッグのブランド「SAN  HIDEAKI MIHARA」の意味。

気になった方・欲しいって方は、有限会社 アトリエフォルマ-レ 03-5806-9873まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

昨日は、友人の結婚式。
スタートが夕方からだったので、以前に招待状をいただいていたDOLCE&GABBANA・D&Gのファミリーセールへ午前中行くことにした。

最近、洋服を買ってなかったから結構ハリキリモード。
会場に着くとメンズは思ったより混雑はしていなかった。
レディースは混んでたけど…。
一時間半ぐらいゆっくり見て回ったけど、気に入った商品がなく結局手ぶらで帰ってきた。
また今日もかっ。
僕、結構こういうこと多いんですよ、手ぶらで帰ってくることが。
洋服は凄く好き、けどあれもこれもは買わない。
気合入れて買い物に出かけても、手ぶらで帰ってくることのほうが多いかな。
一目惚れしないと買わない、けど一目惚れしたら絶対買う!!
そのかわり何シーズンもそのシーンに合わせてなんとか着こなしちゃう。
高校時代にフリマで100円で買ったブルゾンもいまだに着ていたりもする。

夕方、友達の結婚パーティに出席。
何度行ってもいいもんだね、お祝い事は。
その場で一緒に祝福できるのが何ともいえない。
新郎新婦の幸せそうな表情。
そしてその2人のために裏で動いてくれる友人・スタッフ達。
みんな一人じゃ生きていけないんだよ。

結局バラシは午前4時(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

ナイスガイ

今日また、あゆが来た。(僕と親しい方は分かるだろう)
しかも15時頃。。。(その時間はやってないんですけどね)
たまたまあまり仕込みが無かったからチャージ高いよ(冗談)って言いながらウェルカム。
ここ一週間で二回目。いいペースだわ(笑)

前回は珍客(笑)を連れてきたんだが、今回一緒に来たのは隼人(若手俳優市原隼人)。
隼人とは夏にメローで会って以来久しぶりに会ったけど相変わらずいつ観てもかわいい(そっちのけはありませんので)。
肌も白くてすべすべで。そして笑顔がキュート(しつこいようですが、そっちのけはありませんので)。
隼人は今回が初じゃじゃ麺だったんだけど気に入ってくれてよかった。
たまたまお店のiPodからウォーターボーイズでの曲が流れて笑う。
次からは営業時間内に来るように(笑)頼むぜあゆ。

ここでちょっと宣伝。
映画「虹の女神
映画「天使の卵
天使の卵では恵子姉(戸田恵子)さんが隼人のお母さん役で出演してまっせ!!
要・チェゲラッチョ!!!!

そういえば今朝、R246と環七の交差点付近で長瀬(TOKIO)とすれ違った。手振ったけど向こうは気づかなかったっぽい。
例のハーレー(仙台の某バイク屋で組んだ)に乗ってたなぁ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

待合室

宣伝です。

岩手県の小さな駅の待合室に人知れず置かれた「命のノート」
それに励ましの返事を書き続ける一人の女性。
一本の道と、一本の川と、そして一本の鉄道が通る岩手の小さな町。
その町にある小繋駅の待合室に、「命のノート」と呼ばれるノートがある。
待合室を訪れる旅人達が、いつしか心にある喜怒哀楽をそのノートに書き綴るようになった。
それは人々の、心の奥底からの言葉。
その言葉に励ましの返事を書き続けている女性がいる。
「一生懸命生きてください。いつか必ずいいことがありますから・・・・」

映画「待合室」は、新聞に掲載された実話をもとに、1冊のノートを通じて1000人以上もの見知らぬ旅人達に返事を書き、生きていくことのすばらしさを伝え続けているヒロインの半生を描いた感動のヒューマンドラマです。
富司純子さん×寺島しのぶさんの初の母娘競演も見所!!

もちろんロケ地は岩手県の小繋駅。
昨年から今年にかけて地元岩手県で先行上映され大ヒットだったそうです。
この「待合室」に出演されている某女優さんが本日、じゃじゃおいけんに御来店されました。パチパチパチ\\\。。。
マネージャーさんは以前から来ていただいていて、13(月)のお昼にその女優さんと一緒に来るって僕と約束してくれたんですよ。
そして本日有言実行!!
え?誰かって??それはお店のサインで確認してください。
ヒントは
女優・故夏目雅子さんの姪っ子さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

ちんすこう

今日、恵子姉さん(戸田恵子)からお土産をいただいた。
それは「ちんすこう」。
そう、沖縄のお土産で有名ですよね。
しかし、今まで沢山のいろんな味のちんすこうを食べましたが、今回のは、今までで一番好き。
200611110158000
甘すぎず、ほのかな塩分が大人向き!!
やみつきになる味だね。

宮古島の海からとれた塩、「雪塩」で作ったちんすこう。

この「雪塩」っていうのが凄いらしい。
2000年8月9日、ミネラルの含有数が世界一であるとギネスブックに認定されたらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

波乗りジョニー

今日、友人から男前豆腐店のガチャガチャを盛岡で見つけたと情報が入った。
が、しかし、返信メールには書かなかったけど僕は既にその存在を知っているんだよ。ウフフ・・。
ということで、今度はこんなんが出ていた。

以前、ここの記事で書いた男前豆腐。
その新作!?かどうかはよく分からないが「波乗りジョニー」
Image001
んーー、いい名前じゃない。
桑田佳祐の曲の中でも好きな曲や。

青い渚を走り 恋の季節がやってくる
夢と希望の大空に 君が待っている
熱い放射にまみれ
濡れた身体(カラダ)にキッスして
 同じ波はもう来ない 逃がしたくない

 「出逢い」「別れ」のたびに
 二度と恋に落ちないと
 誓う孤独の太陽が 涙で滲(ニジ)む

いい詩だね。

ちょいと宣伝です。
以前、取材を受けた「GINZA 12月号」に「じゃじゃおいけん」が取り上げられます。発売日は11月11日(土)です。
よかったらチェックしてみてください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

76世代

最近、経済紙などでやたらと目にする「76世代(ななろくせだい)」

意味は1976年前後に生まれた人を言う。
この世代が今、IT業界をはじめとする各業界で活躍しているのだそうだ。
年齢で言うと30歳前後。
この76世代は第3世代にあたるそうだ。
それでは第1世代はというと孫正義ソフトバンク社長、アスキーを創業した西和彦氏の時代、第2世代は楽天の三木谷浩史社長やライブドア前社長のホリエモンこと堀江貴文被告の時代だそうだ。

そして第3世代は「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)」の国内最大手、ミクシィの笠原健治社長(30)を筆頭にIT業界のそうそうたる名が連ねる。

第1~2世代とななろく世代では経営者の姿勢や性質に大きな違いがあるそうだ。
 第2世代までは連日マスコミが取り上げていたように勝者が独り占めをした場合、そのシェアを奪うべく正面から戦いを挑んで ましたよね。
相手にあって、自分にないサービスがあれば、致命傷となる。だから、M&Aで自社にないサービスを持つ会社を次々と買いまくった。

 ところが、ななろく世代になると、「勝者独り占め」が起きても、無理には争わないのだそうだ。
ナンバーワンよりオンリーワンを目指している世代とある。

確かに一昔前のIT業界はビジネスのパイが大きかったため成功も大きかった。
しかし、ビジネスモデルが少ないために、同じビジネスモデルの同業他社と生き残りをかけて、ナンバーワン争いをするしかなかったんだろう。
一方、ななろく世代は第2世代が覆い尽くせなかった隙間に新たなビジネスモデルを築くことで、ビジネスにしていった。
けど、やはり隙間なだけにパイは小さいがビジネスモデルが多いので、オンリーワンになりやすく、成功の確率も高いのだという。

僕もずばり76年生まれの「76世代」。
これからの日本は僕ら世代の時代だと思う。
僕一人がどんなに頑張ってもこの日本を変えることはできないが、せめて仲間達とは、いろんな意味で最高な時を刻んで生きたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

結婚式

この年になるとさすがに多いですね、結婚式。
お祝い事なので本当は全てに出席したいのですが、そうすると毎週土曜・日曜と仕事を休まなければならなくて、しかし現実はなかなかそうもいかず・・・どうかご理解を。

ということで先日、「中目黒の会」でトテモ仲の良い御学友ならぬ御遊友の結婚式で麻布迎賓館にいってまいりました。
_005
新郎、新婦、お二方ともに仲良くさせていただいてるんですが、まあこの2人はたいしたもんですよ。
新郎は某テレビ局勤務。
新婦は中国出身の元モデルで現在電通勤務。
2人ともいわゆるエリートスーパーサラリーマンですよ。
新婦のファンちゃん、とてもきれいだったな~。
新郎のお母様からプレゼントされた着物もとてもよく似合っていた。
この奥さん、新郎にはもったいないよ(笑)
2人で一緒にいるとき、中国語で会話するのやめて下さいね、僕が会話に入れんのですよ。まあチンジャオロースーぐらいなら分かるけど(笑)

それにしても引き出物が僕的にすっごくナイスでした。
結婚式の引き出物をここで紹介するのはどうかと思うんですがトテモ嬉しかったので紹介させてください。
いろいろ入っていたのですが、その一つが落款(写真)だったのです。
200611020347000 お店にいらしてる方はご存知だと思いますが僕は今でも創作書道をやっていまして、その作品に押すハンコを落款というのです。
「及川」と「憲司」のそれぞれ一つずつ、自分で作った落款はもっていて、そろそろフルネームの落款を作りたいなあなんて思っていたときだったのでほんとうれしかった。

しかも持ち手のところに彫刻まで施していただいて、ほんとに良い物をいただきました。

中国ではこのような物が当たり前なのかなぁ。

_012
一緒に出席した御遊友と記念撮影。
右からファッションブランド「NICOLE」のデザイナーの三ちゃんこと三枝さん、「中目黒の会」会長兼美容室・飲食店経営の敏腕社長の黒田の兄貴、そして私。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »