« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の記事

2006年10月31日 (火)

ラブアクチュアリー

一応、僕の中で心がけている小さな目標は1週間に1本は映画を観ること。
200610310141000そして、約2時間を現実逃避して画面とマンツーマンになり映画の世界に入り込む。
柿ピーとビールを相棒に(左はフィジーで見つけた亀の小物入れだが、柿ピー入れとして愛用(笑))


僕なりのストレス解消法の一つなのだが現実はなかなかその時間が取れない(涙)。。。。

まあそんなこんななのだが、さっき久しぶりに映画を観た。
それは、お薦めしてくれた「ラブアクチュアリー」 

いい!!!
心が凄くアッタマッタ。
何だろうこの感覚、ギュッとしたいというかギュッとされたいというか(笑)
一人で観た自分がちょいとむなしかったけど・・・・。
人間に生まれてきて良かったなぁと思う作品。
やっぱり愛だよ愛。
いいわ、コレほんとにいいんでみんなも観て。
クリスマスまでカウントダウン入ってるし、クリスマス前だからこそ観るべき作品かな。

あらら、もうこんな時間、寝ますzzz。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

有名になった岩手県

各地の高校で必修科目が末履修で生徒が卒業できない恐れがある問題でなんと岩手県がダントツトップに。

25日現在で、県立74校中30校!!
これって凄い数字だよね。
過去にもそのまま習わずに卒業していった生徒もたくさんいるわけでしょ。こりゃあ大変だ。
僕は私立だったから関係あるのか、ないのかよく分からないが、とりあえず世界史は習った記憶が無い。
2年からは理系に進んだんだけどそれが関係あるのかもよく分からないが・・・・。
まあ、これからの日本を背負って行く若者達の人生に支障を来さないように緊張感を持ち、ちゃんと対応してもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

中野製麺民事再生法の適応を申請

じゃじゃ麺といえば、「白龍」だが、その白龍が使っている麺といったら「中野製麺」。(実際は中野製麺と吉清水製麺)
その中野製麺が倒産した。
中野製麺とは、製麺業者で、飲食店を主体に業容を拡大させ、近年は、じゃじゃ麺、冷麺に特化し、製造だけでなく、開業から運営まで飲食店をプロデュースし、店舗設計や消費者のニーズに対応するメニュー開発を行ってきた。
一方、飲食店、美容室の経営を関連企業で手掛け、さらに当社では期間限定でご当地ラーメンを発売するなど収益確保に注力してきた。
しかし、飲食店への納入競争が激しくなり、ここ数年は業況低迷を余儀なくされ、2006年10月の資金決済のメドが立たず、10月23日盛岡地裁へ民事再生法の適用を申請した。(以上帝国データバンク調べ)

あの中野製麺が・・・。僕は正直驚いた。
今から7~8年前だろうか、白龍の麺は100%中野製麺。そこへ新商品を引っさげた吉清水製麺が参入してきた。
これは僕の中でもある意味革命的な出来事だった。
実家の会社では、中野製麺、吉清水製麺の両方と付き合いがあるためその「革命」をオンタイムで、しかも裏話まで全部父から聞かされていた。父はそのとき「中野もこれからは厳しくなるぞ」と言っていた。

んー、確かに盛岡の飲食業の景気は全体を見るとあまり良くないらしい。
じゃじゃ麺屋をとっても、昨年オープンしたお店に今年行ったら閉店していたなんてことも目にする。
居酒屋やダイニングバーなんかもそうだ。東京だと飲み放題というとお料理込みの宴会パックみたいになり、客足さえ掴めれば利益を出すのが簡単だが、盛岡だと1500円2時間飲み放題や1000円2時間飲み放題なんてお店ばかりだ。
しかも宴会コースにしないで飲み放題だけで入店できるのだ。
これでは、ドリンクから利益をだすのが難しい。お料理お一人様一品制にしても大きな利益は見込めない。
どこで利益を出せばいいのか。各店ともここのアイデアで差が出てくるのだろう。
こうなってくると盛岡の飲食店も淘汰されてくるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

展示会

展示会

先日、三原の兄貴(SAN HIDEAKI MIHARAデザイナー)の新作の展示会へ行ってきました。
相変わらずナイスセンスで次から次へと湧き出てくるアイデアには驚かされっぱなし。
会場で兄貴がいきなり、
『おいけん、この中でどれがいい?』
って聞いてきたので、
『これとこれがいいっすね』
と答えると、
『これとこれだと、どっちがいい?』
と聞いてきたので、
『こっちですね』
と答えると、
『じゃあ、これあげる』
って言われた\(^o^)/。ラッキー!!
相変わらずふとっぱらだぜ兄貴!!
来てよかった(笑)
他にも気に入ったフェミニンでカジュアルなバッグがあったので、そちらは自腹でつけてきた。
あー、早く届かないかなぁ。楽しみ楽しみ。

あと先日、雑誌の対談にゲストで出た月刊『Vivitto』11月号が今月の25(水)に発売になります。
よかったらチェックしてみてください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

フィジーへの旅 最終章

今回の旅で僕が一番楽しみにしていたのがトローリング。
そう、釣りです。
もちろん狙うはカジキマグロ!!
_036
天気はいまいちだが、気合は十分!!
テンション上げ上げ。
船を貸しきり、いざ外洋へ出発!!!
_039
途中、映画「キャスト・アウェイ」の舞台となった島を横目にどんどん沖へ。
注:ウィルソンは流れてませんでした(笑)

座礁した船もそのままで放置してあり、ちょいとびびる。

360度全て海っていうとこまで来たら、スタート。竿4本にルアーをセットし流す。
あとは、ルアーに魚がかかるのを待つだけ。

「ジリジリジリーーーー」「来たーーーーー」
_041_1
竿を上げてーー、リールを巻いてーーー、上げてーー、巻いてーー。
んん、リールが巻き戻される、けっこうデカイ。

_049
ビッグフィッシュ!!!
高松の池とは大違いだ(笑)

童心にかえったようにハシャギマクリ。
マグロも釣れたし、カラフルな魚も釣れた。
肝心なカジキマグロはもちろん釣れなかった。
やはりカジキはなかなか釣れないらしい。
_044
僕も船を運転してみたりでほんと楽しかった。_042_1


帰る頃には雨がどしゃ降り。
びしょ濡れの中、島に戻った頃には寒さで体がガクガク震えていましたよ。
でもほんとスッキリしましたよ。

_052_1 最後に釣った魚達と記念撮影。

そして、即行部屋に戻り、あったかいシャワーを浴びて身体を温めたのでした。_060

そんなどしゃ降りでも、部屋のデッキから見える景色はこんな感じ。
                       ほんと幻想的です。

そしてこの日の夜は、フィジーの伝統的な唄と踊りメケショーを見に。
_079
俺は2列目の左から2番目が好みだとか、3列目の右から3番目が理想のタイプだとか言いながらステキな唄と美味しいアルコールに酔いしれる。

_080

男性陣の激しい雄叫びとダンスも必見!!

マナ島、ラストナイトにふさわしいショーでした。

_051


チェックアウト後、マナ島でお世話になったYOKOさんと記念撮影。
いろいろお世話になりました。
‘SOMETIME SOMEWHERE‘

本島からマナ島へ来るときはセスナでしたが、帰りは船で。
しかし、ここでアクシデントが発生!!
南太平洋のど真ん中で、いきなり船が急カーブ、そして停止。
船員達があわただしく船内を走り始める。
海に向かって救助用の浮き輪をどんどん投げている。
なんだ??と思い外を見ると、なんと少年が二人流されてるではないか。
ダイビング中に漂流したのかなと思ったんだけど、二人ともTシャツだし・・・・・。
どっから流されてきたのかな~~。
スタッフもよく見つけたよ。でもほんとよかった、助かって。

_109
そして最後は、本島でお買い物。
みんなへのお土産を買いに。

街中を走っている車は9割が日本車。
昭和時代のトヨタ車や日産車がまだまだ現役で走っているのには驚かされた。
タクシーにはメーターが付いておらず、すべて言い値で交渉する。

物価は日本より高い。一食2000円ぐらいはかかるかな。
インド人が多いため、カレーが美味しいお店も多い。

そんなこんななフィジーの旅でしたが最高に楽しかった。
カメラ撮影と旅のコーディネートをしてくれたコブラさんに感謝感謝。

_047

最後に波が打ち寄せる砂浜をバックに撮った
ヤドカリちゃんです。

   ~~完~~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

フィジーへの旅 後編

ある日の朝、目が覚めたら朝5時。
波の音とか風とかすっげー気持ちよくて、そのまま一人海岸へ。
今頃、日本にいるみんなは何してるんだろう?
このペットボトルは何処から流れてきたんだろう? 
な~んて考えながら、じゃじゃ麺食べたいなぁ~~なんて思っていたら空が白んできた。

あ、そうだ、「LOOKOUT POINT」できれいな朝日が見えるかも・・・。
そう思った僕は、この感動を独り占めするわけにはいかなく、全員をたたき起こす。

「おはようございます。みなさん、起きてください!!!今から朝日を見に行きますよ~~。」

そして、いざ「LOOKOUT POINT」へ。
_024
ちょいと雲が邪魔をしているが、最高のサンライズ。
島と島の間から昇る南国の朝日はそのロケーションだけでもうお腹いっぱい。夢心地。
ちょうど反対側には大きな虹がかかっていた。

そして冷えていた体を、段々と朝日が温めてくれた。

_027

その帰り、ヤシの実をもいで、割って飲んでみたら全然美味しくなかった。
まだ、若かったみたい。

そしてこの日の夜は、「サンセットクルーズ」。
みんな、その日のサンライズとサンセットがセットで見られるとテンション高めだったが、結局、曇り時々雨で、「サンセットクルーズ」が、だだのクルージングに。

_041 でもそんなの気にしない。クルージングスタッフは楽しませることを知っている。
いつの間にか僕は酔っ払って、スタッフの演奏でみんなの前で歌を唄っていた(笑)
_011

タイタニックのように船の先に立ち、記念撮影を試みたが酔っ払ってここで写真を撮るのが限界でした(笑)

ああ~~、サンセット見たかったな~~~。

_070

フィジー滞在中、ずっと飲み続けていたのがこれ、「フィジービター」。
「フィジーゴールド」っていうのもあったけど僕はこっちの方が気に入りました。
飲みやすくてグビグビいってました。

~~最終章へ続く~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

フィジーへの旅 前編

先週、フィジーへ行ってきました。
毎日、ほとんど休み無しで働いているため、疲労、ストレスが・・・。
っていうことで、リフレッシュしに、いざフィジーへ。。。。
写真を中心にレポートします。

成田からナンディ国際空港(フィジー)まで飛んで、そこからセスナ機に乗り換えて目的地のマナ島まで移動する。
_007_2 このセスナ機がこれまた小さい、狭い、揺れる、怖い。
そして滑走路が砂利。。。(汗)
乗る前に体重とスーツケースの重さを量って、左右対称になるように乗るのだが、重量オーバーになると、人間だけ運んで荷物は次の便にまわされたりする。
パイロットはやたら陽気だし、風が吹くと揺れるしマジ怖いよって、ちゃんと前向いてお願いしますよっ。。
こっちはみんなマジびびってるんだからさっ。_004_1

機内はこんな感じ。
ほんと狭い。軽自動車の後ろぐらいかな。
目の前がコックピット。なんだかボタンとか錆びてるし、ひもで留めてるのとかあるし・・・・。
コントみたいに操縦レバーとか「ポン」って抜けそうだし。
勘弁してよ、ホント。
_009_1

でも、マナ島に着くとこんな感じ。
やば~~~~~~~い。
来たぜベイベー、南国に。
青い海、青い空、白い砂浜、灼熱の太陽、これぞ南国だべ!!
午前中にマナ島に着いて、チェックインまで時間がある。

「入っちゃいますか、う・み・に」
みんなの意見が合致したため、早速スーツケースから水着をとりだし、トイレで着替えてGO!!
ザッパーーー、ドボン。キモチぃーーーーーーー。
みんな子供のようにハイテンション!!
僕が打ち上げられている大きな木を発見。
_010_1

「やっちゃいますか、サンタフェ(宮沢りえのヘア写真集)」と僕が言うと、各々木の上でポージング。
シューティングタイム。
「THEME OF THE SANTAFE」
ブログでは各々のヘアは御見せできませんのであしからず(笑)

_031_032 カヌーで遊んでいても海の底が見えるくらい水がキレイ。
もちろん魚も見える。
魚に餌をあげようと、朝食のバイキングでパンを少々拝借。カヌーの上から餌付けすると案の定、うじゃうじゃやってきた。
普通に手でとれちゃうくらいたくさん。
かわいいなぁ~~。きれいな肴だなぁ~~、あっ、間違えた。魚だった。ついついつまみに見えちゃって(笑)

_015

島に「LOOKOUT POINT」っていう、島を見渡せる丘がありそこがまた気持ちいんすよ。
海風が吹き抜けていて、ここでビール飲んだら最高だろうなぁなんて話しながら僕の頭の中ではボブ・マーリーの「REDEMPTION SONG」が流れていた。

ずっとこのまま、そのまま、ここにいたいな。

~~後編へ続く~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

お疲れさん会

何かとちょっとした出来事を大げさにしてイベント化(飲み会)にしてしまう僕等のクルー。

一個下の後輩アキラが新卒で勤めたアパレル会社で社長になって、そしたらいきなり先月いっぱいで自ら退職しやがった。急に。
まあ、彼は彼でいろいろ考えているのだろうけど・・・・。
ということで「お疲れさん会」。Dscf0058

こっちを向いているのがアキラなのだが、先輩思いのかわいい奴で。
付き合いもいいしね。だから何かあるときは必ずアキラに声をかける。
隣にどうして「イナ・バウアー」がいるかは内緒ですが・・・(笑)

Dscf0032 んでもって、一次会からは大分人数が減ったけど集合写真。
スーツ着用の左側のさいちゃんがパパになったからついでに「できちゃった婚のお祝い会」。シャンパンで乾杯!!
相手の親に挨拶に行ったら「よかったね」と言われたそうだ。それを聞いた僕も「よかったね」、と・・・。
僕の右側にいる子は、マルイの女カリスマ店員ジュッチ。こうみえても仕事は凄いらしい。
んで、左側にいるのがパルコの男カリスマ!?店員の江川卓です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »